三重県:モクモク農場レストラン

SANYO DIGITAL CAMERA

そばの基本はすべて大和さんに教えてもらいました。麺のお店を始めよう!と思ったのは、地の物を使用して地域を活性化したいと思ったからです。弊社の本社がある伊賀は松尾芭蕉生誕の地で、芭蕉は当時この垉で栄えていたそぱの歌を歌っています。

レストランでは、伊賀の文化を遡り、そばの食文化と向き合って、奥の細道で有名な山形の板そばをイメージしたそばを出しています。
全くの素人が本格的なそぱを出せるのは、そば学校と機械のおかげです。大和製作所さんのそば製麺機「坂東太郎」は、ミキシングから切る工程まで本当に手打ちの工程が再現できて、素晴らしい機械だと惚れ込み、決めました。

そばの基本はすべて大和から教えてもらい、そば粉の相談など、困った時は大和に何度も電話して、親切に教えてもらいました。
今は、機械はフル稼働。たくさんのお客さまに喜んでもらっています。

 


◆◆◆店舗概要◆◆◆

モクモク農場レストラン(「農村料理の店 もくもく」)

伊賀の食文化と向き合い、そばで地域の活性化をめざしている。本格的なそばが好評。
■住所:三重県伊賀市西湯舟3609
伊賀の里モクモク手づくリファーム内

ホームページ
■TEL:0595-43-0909

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事カレンダー

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

@yamatomfg twitter TL

フォローはお気軽にどうぞ! 麺店の成功ノウハウや自家製麺体験など、参加費無料のセミナー情報をゲットしよう!
ページ上部へ戻る