香川県高松市:三馬力

sanbariki_men

さまざまな麺種で色々なメニューを作れるのが楽しいですね

居酒屋「三馬力」を始めて25年になりますが、もともと三馬力では、ラーメンを仕入麺でやっていました。自家製麺にしたいと思ったきっかけは、他の店と差別化を図リたいと考えたからですね。そこで知ったのが大和製作所さんです。うどん学校、ラーメン学校に行き、製麺機で麺が簡単にできることを知り、麺も美味しかったのでリッチメンを購入しました。購入までに2、3回は研修もさせてもらいました。

レシピや小麦のことなど、担当の山下さんに相談し、切刃の貸出もしてもらったりして、本当に色々と助けていただきました。今はさまざまな麺種を作れて、好みの麺が作れるのが楽しいですね。店舗では、4種類の麺を使っています。太麺から細麺。焼きそば等、麺を全部変えたりしてますよ。面白い商品は「讃岐冷やしつけ麺」です。うどん粉で、ラーメンのように提供しているんです。人気ありますよ。

sanbariki2

起業したい方へ
諦めずにやることが大切!これからラーメン店をやろうと思っている方にお伝えしたいのは、立地や時代の流れ、それらにマッチしたものを提供することが大切だということでしょうか。飲食店は、『人』の魅力によるところが大きいです。私は『継続は力なり』という言葉が好きで、諦めずにやることが大切だと思っています。とにかくまじめにするしかないですね。

sanbariki


◆店舗名「三馬力」

店主の安西様は、居酒屋「三馬力」をオープンしてから25年間、飲食業を経営。
自家製麺の麺料理だけでなく、瀬戸の鮮魚メニューからご飯もの、デザートまで、豊富なメニューでファミリー層にも人気の居酒屋。

・住所:香川県高松市多肥上町711-8

・電話:087-844-3323

・Twitter:@sanbariki_hon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事カレンダー

2019年11月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

@yamatomfg twitter TL

フォローはお気軽にどうぞ! 麺店の成功ノウハウや自家製麺体験など、参加費無料のセミナー情報をゲットしよう!
ページ上部へ戻る